立地場所が悪くて、特に冬になると日当たりが悪くて後悔しています。

マイホームを購入するまでは借家住まいでしたが、その時の毎月の賃料と、今の、毎月のローン返済額を比較すれば圧倒的にローン返済額の方が安く、しかも自分の資産になるので購入したこと自体の判断はよかったと思っています。

しかし立地場所はもう少し吟味すべきでした。家の裏手に山があるのですが、夏はさほど問題なく日が当たりますが、冬は裏山が太陽の軌道をさえぎり、とにかく日中でも日当たりが悪くなります。

このことは多くの問題点を生み出してしまいました。

まずは日中ですら日が当たりにくいため、いくら天気が良くて洗濯物を外干ししてもなかなか乾きにくいということです。ですので基本的に冬はふろ場で乾燥機を回しながら乾かす機会が多くなり、電気代がかさみます。

次に私個人の事ですが、趣味の家庭菜園ができなくなるということです。夏場は家の裏にある小さな畑には日が当たるので、ピーマン・ナス・トマトなどの夏野菜を栽培収穫できるのですが、冬にはまったく日が当たらないので、大根・白菜・キャベツなど冬を代表する野菜がまったく育ちません。

ですから少々消化不良な趣味となってしまっています。

さらには日が当たらないことから、室内の温度が上がらずはっきり言って寒くてたまりません。そうなると昼間から暖房をつけざるを得ず、電気代がかさみます。

もう少し時間をおいて立地条件を検討すべきだったなと思います。

よく読まれてるサイト:注文住宅 渋川市